第6回 <京都国際インディーズ映画祭>2012

The 6th KYOTO International Indies-Cinema 2012
第6回 <京都国際インディーズ映画祭>2012
(併催):第1回 <京都映像アワード>2012


ごあんない
毎年、世界の優れた短編映画を上映してきた<京都国際インディーズ映画祭>が、10月6日(土)、午後3時から京都・大江能楽堂で開催されます。
第6回を迎える本年度からは、<第一回京都映像アワード>が設立され、「まちの記憶と未来」をテーマに、日本全国と海外から作品を応募、約200点の中から入賞作品34作品を上映。
海外作品ではフランス、メキシコなどの5作品と日本国内では29作品が入賞。
京都発の映像発信を目指す意図から特別に<京都賞>も設けられ、3作品がノミネートされています。グランンプリ他、各賞の発表と授賞式は、当日会場で行われます。
特別上映として、文化庁メディア芸術祭からの作品、京都府支援事業からの作品なども上映されます。入場料は大人一人1000円。文化庁メディア芸術祭作品のみの鑑賞は無料です。

◎第6回・京都国際インディーズ映画祭
「第一回 京都映像アワード受賞作品、一挙上映!」

時代を記憶する【小さな映画】。京都発→世界。
2007年以来、世界の短編映画をセレクトし、上映してきた<京都国際インディーズ映画祭>が、2012年度からは<京都映像アワード>を携え、京都発→世界を目指します。地域を大切にする人々の声が「小さな映画」となって各地から届きました。
人々の感性が果たすべき役割とは何か。人々の知識が果たすべき役割とは何か。
京都映像アワードは、身近な私たちの生活の場に在る大切なモノとコトを共有し、次代に記憶として残し、優れた価値観を伝え、育てるために設立されました。
入賞作品は、日常のドラマや地域や国の課題などをテーマにした作品の他、東北震災をテーマにした作品が、実写やアニメで表現されています。作者は17歳から78歳まで。その他、夏休みにビデオ撮影にチャレンジした幼稚園児や小学生の様子も紹介されます。
今年の上映は、10月6日(土)、午後3時から明治41年建築の京都中京区にある大江能楽堂で行われます。能舞台にスクリーンを張っての映画上映は、初めて。枡席と桟敷席から見る映画は、京都ならではの格別な趣きを醸し出しています。
京都発→世界。確かな未来のために、京都から「小さな映画」が始まります。どうぞ、お越し下さい。

◎平成24年度文化庁メディア芸術祭国内巡回事業
特別上映:「文化庁メディア芸術祭・作品上映!」

京都国際インディーズ映画祭で「文化庁メディア芸術祭」作品を上映するのは、これで3年目。テレビCMや作家作品などからセレクトされた、科学技術の可能性を追った作品や現代社会を感性豊かに表現した優れた作品を特別上映します。平成23年度・文化庁メディア芸術祭 受賞作品など、海外作品も含め6作品を上映。感性を刺激してみてください。

◎平成24年度京都府地域力再生プロジェクト支援事業
京都映像アワード 特別上映:村の神事:「SHINTO」上映!
「まちの記憶と未来」をテーマに掲げる映像プラットフォーム・京都映像アワード実行委員会が、京都の片田舎の神事をテーマにした映像作品。200年ぶりに行われる神社建替えを前に、親しんだ古い神社での最後の八朔祭。そこで語られる村人の神社への思いと祭りに興じる村人の風景。フランス人映画監督が見た日本の風景として記録された。日仏合作の短編映画。チャーラ&ギョウム監督作品(フランス)

◎京都映像アワード 特別上映:「草刈る人」予告編上映!
3.11東北大震災で日本も世界も驚愕の風景を目の当たりにした。千年に一度と言われる巨大地震と、いまだになお解決がつかない福島原発の事故。作品の舞台は、原発銀座と言われる福井県。3.11福島原発事故以降、廃炉か再稼働か?で揺れる福井と都市の人々の姿を追う作品。この度は予告編上映です。岡崎まゆみ監督作品

▼プログラム
日時:2012年10月6日(土) 午後3時〜:受付開始。
   上映&イベント:3時30〜8時(予定)
京都・大江能楽堂
〒604-0944 京都市中京区押小路通柳馬場東入橘町
TEL 075-231-7625
http://www.asahi-net.or.jp/~tn4m-ooe/index.html
参加費:1,000円

◉お問い合わせ
京都国際インディーズ映画祭実行委員会
TEL.06-6241-0522
E-mail:<h2d.hirose@poppy.ocn.ne.jp>

▼プログラム
3:40〜 ◉特別上映(参加費無料)
■文化庁メディア芸術祭・作品上映
平成23年度・文化庁メディア芸術祭受賞作品などを上映

4:30〜 ◉本編上映(有料:¥1,000)
■京都国際インディーズ映画祭・作品上映
◎1部/京都映像アワード2012ノミネート作品上映
・TVF東京ビデオフェスティバル作品
・SVP2 (Spread Videoart Project)作品
・Con-Can Movie Festival作品上映
・京都映像アワード作品
(夏休みちびっ子ビデオ撮影会紹介ビデオ上映)
◎2部 /京都映像アワード受賞式
・総評、入賞者発表、授賞式
8:00〜 終了まで(予定)
*撮影状況によって多少上映時間が延びることがあります。予めご了承下さい。

■主催:京都国際インディーズ映画祭実行委員会
    京都府 地域力再生プラットフォーム京都映像アワード実行委員会
●後援:関西テレビ放送、京都メディア・アート・ラボ、Con-Can ムービーフェスティバル、
●協力:文化庁メディア芸術祭国内巡回事業、TVF東京ビデオフェスティバル、
    SVP2 (Spread Videoart Project)
●協賛:(株)映像システム、NECディスプレイソリューションズ(株)、
    (株)メディア総合研究所、京都ラジオカフェ(株)、
    (有)ハーディセ カンド、(株)パブロ

■京都国際インディーズ映画祭実行委員会
事務局 ▼連絡先・お問い合わせ
〒542-0081 大阪市中央区南船場2-10-28 下村ビル404号
(有限会社ハーディセカンド内)
TEL.06-6241-0522 FAX.06-6243-1219
E-mail:<h2d.hirose@poppy.ocn.ne.jp>
本部:〒629-0151 京都府南丹市八木町南広瀬砂子39-1
http://www.kyoto-media-arts-lab.jp/